DMMバヌーシーの評判【一口馬主クラブ解体新書】

【解体新書】DMMバヌーシー一口馬主クラブ
この記事は約8分で読めます。

 

DMMバヌーシーの評判は??

今回は、『DMMバヌーシー』について詳しく解説していきます。


 
『一口馬主クラブ解体新書』では、クラブの概要だけでなく、どのような特徴や傾向があるのか、オススメ度などの評価内容も詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

DMMバヌーシーの評価

オススメ度

★★★☆☆

項目評価
所属馬の成績★★★☆☆
クラブサービス★★★★★
クラブの評判★★★☆☆
出資のしやすさ★★★☆☆




 

DMMバヌーシーの特徴

DMMバヌーシーの良い所
 
  • 世界を股に掛ける活躍馬を輩出

    ラヴズオンリーユーが2021年BCフィリー&メアターフを優勝し、日本調教馬として初のBCタイトルをもたらしたことは記憶に新しいですね。
     
    矢作芳人調教師を中心に、名門厩舎への預託も多く、海外遠征にも積極的な姿勢のクラブです。
     
     
     
  • 充実のコンテンツ
     
    さすがDMMと言わざるを得ない、コンテンツの豊富さで、充実したクラブライフの手助けとなるでしょう。
     
    各募集馬の動画更新の頻度が高く、管理調教師のインタビューなど、DMMバヌーシーだからこそ提供できるコンテンツが豊富です。
DMMバヌーシーの気になる所
 
  • 募集価格が高い
     
    発足当初は維持管理費などすべての諸経費を含んだ募集価格で、一回支払えば、あとは応援するだけとはいえ、異常な高値が付けられていました。
     
    2019年度募集馬から、各クラブと同様に維持会費を別途徴収する募集方式に変更しましたが、依然として高めの設定であることに変わりありません。
     

     
  • 大企業の一事業でしかない
     
    DMMバヌーシーは通名で愛馬会法人の正式名称は「DMM.com証券」です。

    つまり、一口馬主クラブの運営専門の会社は設けず、あくまで金融商品のひとつとして売り出していることになります。
     
    大企業だから成せる企画力は流石の一言ですが、新規事業のひとつに過ぎないので、利益に繋がらない場合はあっさりと見切りをつける可能性があります。
     




 

各項目の評価

DMMバヌーシーのオススメ度は『星3つ』です。
 

各項目について詳しく見ていきましょう。

 

所属馬の成績

DMMバヌーシーは、2017年に発足した新興クラブです。


母体はかの有名なDMMで、大企業ならではのド派手なプロモーションで、華々しくオープンしました。


セレクトセールでも積極的高額馬を落札し、停滞していた一口馬主界に一石を投じる存在となりました。


直近の5年間の成績はこの通りです。

2015年産2016年産2017年産2018年産2019年産
募集頭数3頭13頭13頭13頭11頭
デビュー率100%92.3%100%100%100%
勝ち上がり率33.3%46.2%69.2%30.8%36.4%
平均募集価格15838万円8035万円8804万円4846万円2991万円
平均獲得賞金1437万円9496万円1985万円1592万円479万円
平均回収率8.9%118.2%22.5%32.9%16.0%

初年度は3頭募集し、平均募集価格が1億6千万というとんでもない高額に設定されていました。


これはランニングコストをすべて含んだ募集価格で、最初に出資代金を支払ってしまえば、あとは費用が発生しないという出資システムによるものですが、それにしても高すぎると話題になりましたね。


結果は、初年度からキタノコマンドールがクラシックに参戦するなど、十分な成果を残しますが、回収率は10%を下回り、投資という面では厳しいデビューイヤーとなりました。


続く2016年産も変わらず高額設定でしたが、世界のラヴズオンリーユーを輩出し、8035万という平均募集価格を、平均獲得賞金9496万円で見事上回っています。


ちなみに、2022年5月時点で、2016年産の獲得賞金が募集価格を上回った馬はラヴズオンリーユーのみで、まさに救世主と言える馬ですね。


全体の成績に目を移すと、良血や名門出身の募集馬が多いこともあり、デビュー率は高い数値で安定していますね。


募集方式を他クラブと同様に変更してからは、ガクンと募集価格が下がっています。


2019年産は平均募集価格が3000万円を下回り、だいぶ良心を取り戻してきたかに思えましたが、2020年産は再び平均4300万超えのラインナップで、割高感は続きそうです。

クラブサービス

DMMバヌーシーの特徴的なクラブサービスは以下の通りです。

DMMバヌーシーのクラブサービス
     
  • ホースポイントサービス
    →よくある馬代金支払い時の何%のポイント付与、だけでなく、愛馬の初出走時やG1出走時など、クラブライフイベントごとにポイントが付与される新しいポイントバックサービスです。
     
    もちろん1ポイント=1円で出資代金に充てることができます。 
①購入時200円毎に 1ポイント
②月額料金等引落時200円毎に 1ポイント
③デビュー戦出走時50ポイント
④初勝利時150ポイント
⑤重賞レース初出走時250ポイント
⑥G1レース初出走時500ポイント
⑦重賞/G3勝利時500ポイント
⑧G2勝利時1250ポイント
⑨G1勝利時2500ポイント

 

  • 会員交流パーティ
    →会員同士の交流のみならず、所属馬を管理する調教師や、騎乗した騎手、牧場関係者など、愛馬と深く関わるホースマンとの交流を楽しむことができます。 
     
     
  • 愛馬デビュー時のスペシャルムービー
    →愛馬がデビューするときに、生い立ちからデビューに至るまでの馬生を記録したスペシャルムービーが公開されます。
     
    『ゲームでは決して味わうことが出来ない、本物の競馬体験』と銘打つだけの、感動体験が待っています。
     
     
  • 充実の動画コンテンツ
    →YouTubeにて調教師のインタビュー『馬熱大陸』や、所属馬の活躍の軌跡など、『感動体験』を味わえる充実の動画コンテンツが提供されています。

 
 

クラブの評判

DMMバヌーシーの評判について、ネット上の口コミを頼りに調査してみたところ、このような結果となりました。

DMMバヌーシー
良い評判
 
  • コンテンツが充実していて楽しい
      
     
  • 名門牧場出身の馬に出資できる
     
DMMバヌーシー
良くない評判
 
  • 結果が出ていない愛馬にスポットライトが当たらない
     
  • 募集価格が高い
     

DMMグループの力を思い知らされる、他クラブでは絶対に真似ができない動画コンテンツを中心に、クラブサービスに好感を抱いている人が多いようです。


また、セレクトセール出身の高額馬や、海外牧場の生産馬など、大舞台での活躍が期待できるラインナップとなっている点も魅力ですね。



一方で、結果が出ない馬の見切りは割と早く、出資した愛馬がクラブに重宝されないところなどに憤りを感じている方も多いようです。


このあたりは、愛馬に強い愛着を持たせるプロモーションの弊害でもありますね。


あとは、単純に募集価格が高いという意見も多かったです。


いくら名門・名血の募集馬とは言え、5000万、6000万も稼ぐ馬はなかなか出ませんから、投資という面ではリスキーなクラブですね。


『ゲームでは決して味わうことが出来ない、本物の競馬体験』というキャッチコピーにもあるように、投資という面よりも、『体験』を売る商品という位置付けの様に感じます。


 

出資のしやすさ

DMMバヌーシーは巧みなプロモーションや、元々のネームバリューもあって、発足当初から人気クラブとなっていました。


特に、ラヴズオンリーユーの活躍も受けて、出資馬を悠長に選定している暇はありません。


カタログが公開されたタイミングで、しっかり吟味して、募集開始時には出資馬が決まっている状態にしておかないといけません。

スポンサーリンク

DMMバヌーシーの概要 

DMMバヌーシーの法人概要と、主な活躍馬を紹介します。

DMMバヌーシーの『法人概要』

DMMバヌーシーの法人概要は以下の通りです。

愛馬会法人株式会社 DMM.com 証券
住所東京都中央区日本橋 2 丁目 7 番 1 号
公式サイトhttps://banusy.dmm.com/
Twitterhttps://twitter.com/dmm_banusy
Instagramhttps://www.instagram.com/dmm_banusy/
YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UC2xm0Erz52GF4aOEPcm0rYw
クラブ法人DMM ドリームクラブ株式会社
住所東京都中央区日本橋 2 丁目 7 番 1 号

DMMバヌーシーの『主な活躍馬』

DMMバヌーシーの主な活躍馬は以下の通りです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?


今回の一口馬主クラブ解体新書は、『DMMバヌーシー』を取り上げて紹介してきました。


この記事をまとめると…

【DMMバヌーシー】

オススメ度

★★★☆☆

シンプルに高いです

愛馬が世界で活躍したり、充実したコンテンツで愛馬の成長過程を見守ることができたり


一口馬主を趣味として捉えられる方にはオススメです

 

DMMバヌーシー
良い点
 
  • 充実したコンテンツ
     
  • 名門牧場出身の良血馬に出資できる
     
DMMバヌーシー
気になる点
 
  • 募集価格が高い
     
  • 企業として、一口馬主クラブへの比重の変化が心配
      



一口馬主クラブ選びの一助になれば幸いです。


 

ユーマ
ユーマ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

おウマ
おウマ

他のクラブの『解体新書』はここから読めるよ!

タイトルとURLをコピーしました